ホーム > > 友人同士で海に行く事になりふと鏡の前に立つ私は

友人同士で海に行く事になりふと鏡の前に立つ私は

「今年の夏は何か楽しい思い出を作ろう」。先日友人同士での食事の場での会話です。

 

相談の結果各々平日に休みを取り県内の海へ海水浴へ行く事になりました。海なんて学生の時以来の私は久々の海に気分が高揚します。何を着て行こうか、どんな柄の水着を着ようか、いろいろな事に考えを巡らせます。

 

 

 

そんな時ふと気付いたのが、海に行く=素肌をさらすという事。

 

シャワーを浴びた後た立った鏡に映っていたのは余計な脂肪分が溜まったお腹周りと筋肉のかけらもない胸板。学生時代陸上競技に勤しんでいた事の肉体美は見る影もございませんでした。

 

 

痩せるため軽自動車を持っていましたが売買をして、社会人になってからというものの運動という運動は会社との往復の徒歩20分程度の私です。

 

それでいながら食事は外食多めのアルコール摂取という生活です。

 

 

 

鏡の前でかつて本当に腹筋が割れていたのかという猜疑心と共に、これを機に当時の肉体を取り戻そうと私は決心致しました。仲間内で海に行った際に良い格好ができるだけでなく健康にとっても良い事です。目標はズバリシックスパックであり、水着を着用したときに恥ずかしくない出で立ちです。

 

その日から週に3,4日程度、腹筋、背筋、腕立て伏せを各30回×3セット行う事と致しました。なぜこのメニューかといえば、学生時代に成功した経験がある為です。

 

いざ久々に行うと、体中が痛く、とてもじゃないが30回なんて楽にできる回数ではありません。これだけのメニューにかかった時間はなんと1時間以上。その日から3日間は仕事中も筋肉痛に泣かされる事になりました。早くもめげそうになりましたが、海と健康の為です。

 

根気よく定期的な筋トレを続けました。

 

すると3週目辺りからでしょうか。

 

早くも自信のお腹にうっすらと縦のラインが見え始めました。日々大変なトレーニングの為、喜びは少ないものではありません。友人と海に行くという何気ないきっかけのおかげで、毎日なんとなく過ごしていた私の風に微々たるものではありますが新しい風が吹き始めたのです。

 

海は1カ月先、時間的余裕はなくシックスパックは難しいとは思いますが、海が終わっても自分自身の為に筋トレを続ける予定です。